食品開発展2014 - 食品の機能性と安全性情報を一堂に! 2014年10月8日・9日・10日 東京ビッグサイト 西1、2ホール&アトリウム
 

食品開発展の開催概要

食品開発展とは

食品の健康志向、安全性探求の専門展示会「食品開発展2012」

食品開発展は、食品分野の研究・開発、品質保証、製造技術担当者向けの専門展示会として1990年にスタートし、2012年で第23回を迎えます。

食品開発展は、機能性素材・健康素材を集めたHi(Health Ingredients Japan)と分析・計測・衛生資材、製造技術を集めたS-tec(Safety and Technology Japan)よりなり、近年の食品分野の2大潮流となっている「健康と安全」に関するアジア最大の技術展です。国内市場だけでなく、アジア市場への入口として内外の関心を集めています。

Hi(Health Ingredients Japan) → Hiの特徴とテーマパビリオン
S-tec(Safety and Technology Japan) → S-tecの特徴とフロア・付設ゾーン

堅調な動きの「Hi」「S-tec」、アジア市場の入口として世界が注目

2011年食品開発展は出展登録企業541社、ブース数812小間と、安定した動きを示しています。
全世界から注目される食品素材、機能性素材の展示会「Hi」と、食品の安全・品質向上技術の展示会「S-tec」。日本のみならずアジア市場への入口として、食品開発展は内外から注目されています。

大きなビジネスチャンスを見逃してはいませんか?有効な展示会の選択、それが成功への近道です。「Hi」「S-tec」は貴社のニーズを満足させる数少ない展示会です。