LL Japanとは

LL Japanの特徴

美味しさを保ち賞味期限を延長する技術が集結!

発生抑制(リデュース)と再利用(リユース)の提案

2019 年5 月31 日、食品ロス削減推進法が公布されました。

フードロス対策は製販一体となった取り組みが必要なことは言うまでもありませんが、製造側の対策としては、

①発生抑制(リデュース)と②再利用(リユース)が挙げられます。

リユースについては、2000 年代に食品リサイクル法が設定され、2015 年には食品リサイクル法の改正で、業種別に再利用の実施目標が引き上げられるなど対策が進められてきました。発生抑制対策(リデュース)はフードロス削減のための最優先課題で、各メーカーに今、対策が迫られています。

食品廃棄を減らすための製造側の対策としては、味や品質を損なわず賞味期限を延長するロングライフ化技術が必要です。

そこで、本展では、フードロス削減のためのロングライフ化技術を一堂に集め、食品の製販に向け提案を行っていきます。

▲ ページトップへ

LL Japan 出展対象製品

出展製品・サービス

製造・設備
  • 乾燥装置
  • 殺菌装置
  • クリーン化資材
  • クリーンルーム関連設備
  • 冷凍・冷蔵・解凍
  • 生産管理・在庫管理IT… 等
包装・容器
  • 真空包装
  • ガス置換包装
  • バリア容器
  • レトルト包装
  • バリアフィルム
  • 脱酸素剤  … 等
分析・計測
  • 溶存酸素計
  • 酸素透過率計
  • 水分活性計
  • pH 計
  • パーティカルカウンタ―… 等
食品添加物
  • 日持向上剤・保存料
  • 酸化防止剤
  • pH 調整剤
  • 酵素
  • 品質保持剤  … 等

▲ ページトップへ

LL Japan 特別プレゼンテーション

共通テーマで集客力を高める特別プレゼンテーションを開催します。

2020年予定特別プレゼン

  • 農水省 食品産業のリサイクル・リデュースをどのように進めていくか
  • 消費者庁 フードロス対策の現状と今後の施設
  • 食品メーカーの賞味期限延長のための商品開発
  • 協会(惣菜協会、即席食品工業会、冷凍食品協会など)のフードロス対策
  • 本展参加企業のプレゼンテーション(各20 分)

▲ ページトップへ

LL Japan 来場対象

  • 食品・飲料メーカーの研究・開発・企画開発担当者
  • サプリメント・製薬・化粧品メーカーの研究・開発・企画開発担当者
  • 商社・卸
  • 試験・研究機関
  • 通信販売 など

▲ ページトップへ